fc2ブログ

引退しました。

突然ですが、引退しました。

6月の始め、久しぶりに順張りを仕掛けてみたのですが、2日で15万勝って、翌日-20万を食らって突然やる気を失いました。

その後、爆上げする相場を見てもやる気にはならず。現物株と現金をすべて楽天証券に移して、退路を断ちました。

今回も思いつきで動いた感はありますが、ここの所ストレス耐性が弱っていたので、もう穏やかに暮らしたいと急激に思ってしまいました。

シストレはイザナミVer1.0から始めてますので、約13年でしょうか。

シストレでは何度も挫けそうになりましたが、2006年頃から2010年頃まで、裁量取引でなかなか成果が出ず損をふくらまし続けていた私の資産をシストレは大幅にふやしてくれました。開発者の方や、戦略等の情報をネットに公開して頂いた方々には感謝しかありません。

シストレ以外ですが。

インデックス投資はヘタクソが下落相場を予想して、株から債券に移行し壮大な機会損失を食らってますが、幸い日本株の高配当投資は爆益で一時+105%、金額にして+1,400万近くの含み益。配当も90万/年越えで順調です。

今後は王道の高配当投資とインデックス投資で、地道にやっていこうと思います。出来れば億り人になる夢は継続したいと思いますね。

もしかして今後やる気が出れば、「アイアン鉄の高配当&インデックス投資の記録」として再デビューするかもしれません。期待せずにお待ちください(笑)

それでは今後も皆様に爆益あれ~(^o^)/~~~


スポンサーサイト



2023/05の実績 +544

2023/05の実績

繰越資金:26,276,076円
実損益:+544円
利回り:+0.00%
勝率:100.0%
取引回数:1
税金:111円
次月繰越資金:26,276,076円

月別
month202305.jpg

日別
Day202305.jpg

さすが俺の予想の逆行きますね~

逆張り単騎待ちの私には出番無し。

長旅もあり、発注すらしてませんでした、帰ってきて注文出したら1件だけヒットしてこの結果。

今月の利益ではお昼の弁当くらいし買えません。。。

ちょっと久しぶりに順張りをバックテストしてみたのですが、この地合でもちょい負け。

やはりマザーズの上昇待ちって感じですかね。マザーズも個別株に動きが出てきているみたいなので、6月はお試しで順張り注文してみようかと考えてます。


高配当株は日経3万円前後で複数売却。

やっちまった感はありますが、株中毒時代の私なら間違いなくダブルインバースで踏まれていたので、まだ冷静に見れていると思います。

含み益は再び爆発的に増えてます、月末に下げてしましましたが、直前まで1,100万越え。率にして+84%超となってます。

もう商社株が爆益で一番利益率が低い伊藤忠が約2倍。一番利益率が高い丸紅が約3.8倍。その丸紅が一番買っている量が少ないのはここだけの話ですが、購入金額に対する配当利回りも軒並み10%前後になってます。

バフェットぱいせん一生付いていきます。


来年のNISA検討は変化がないのでちょっとパソコンの話でも。

以前からPCをMacにしたいと考えてまして、M1Macをほぼ発売と同時に買っていたのですが、しばらくお蔵入り。

AppleシリコンのMacってすごいんですよね~。速い・熱が出ない・電池減らない・FANが無いので無音。

そしてApple製品はやっぱり所有欲を満たしてくれますよね~

以前から何度かトライ&エラーを繰り返してましてが、仕事もほぼほぼ落ち着いたので、ついに4月に本気で移行しました。

完全移行を目指してMac上でWindowsが動かせるParallelsってソフトを入れてみたりしましたが、今後も一番使用率が高いと思われる、弥生会計とイザナミだけが動かない状況。

結局仕事はどうしてもWindowsになってしまいますので、その時だけはWindowsを使うことにしてます。

今月は会計システムをクラウド化してさらにWindows依存度を下げる予定です。

あとはイザナミ。。。これはもう止め時なのかと考えている今日この頃です。


さて。一人旅は宮城・岩手に9泊10日で行ってきました。

さすがに街ブラだけでは時間が持たないので、ちょっと遠出してあまちゃんの聖地巡礼やレンタカーで八幡平なども回ってきました。

初めて通いたいと思う盛岡冷麺の店も見つけましたが、おそらくもう行くことがないので残念です。。。

夏は暑いので当面旅の予定は無し。自宅警備をしながら筋トレでもしようと考えてます。


日本株
株式評価額:23,320,000円
うち含み損益:+10,200,000円
口座損益:+1,870,000円
年間配当:86,000円(税引き前)

2023/04の実績 +91,726

2023/04の実績

繰越資金:26,193,198円
実損益:+91,726円
利回り:+0.35%
勝率:87.5%
取引回数:8
税金:8,848円
次月繰越資金:26,276,076円

月別
month202304.jpg

日別
Day202304.jpg

今月も上げましたね~。

下げるより上げた方がいいに決まってますが、下げを見越して少々ポジションを逃がしてましたので、やっちまった感がありますね~

シストレは即手仕舞いのインチキをしながらプラス。

圧倒的な勝率(笑)で久しぶりに年間利益がプラス圏に。

リバ相場で逆張りはほとんど出番がなく、発注することすら忘れてしまいそうな穏やかな日々を過ごしてます。


高配当株は取引無し。

含み益は1,000万円まで戻りそうな勢いがあります。米国株の投信とあわせてやっぱりちょっと早まったか。。。

とりあえず空けた現金を遊ばせておくのももったいないと思い、2621iシェアーズ 米国債20年超 ETF(為替ヘッジあり)ってのを300万円分買ってみました。

米国債は-20%位下落していて、金利が下がれば爆上げするので買ってみたのですが、今後の利上げの長期化や債務上限問題なんかもあってノーリスクって事でありません。

まあ来年まで気長に持っておこうと思ってます、さらに10年債金利が4%を再び超えるようならナンピン予定です。

あとiDeCoも定期預金分を「たわらノーロード 先進国債券<H有>」に買い換え。

さらに全米株式もさらに売って、株25%、債券75%までもって行きました。

こちらもやっちまった臭がしてます。。。


来年のNISAですが、また魅力的な商品が。。。

新商品ではないのですが、「楽天・インデックス・バランス・F(株式重視型)」なんですね。

楽天の投信はeMAXIS SlimシリーズやSBI・Vシリーズに比べて信託報酬が高いので、あまり気にとめてなかったですが、この商品は全世界株式に70%、全世界優良債券に30%で債券部分は為替ヘッジ有りって内容。

もう運用期間がそんなに長く取れない私にとってはとてもいい商品に見えてきてまして、急落時は債券がクッションになってくれて、リバランスもしてくれますから、リスクがかなり抑えられそうです。

さらにコスト面でも全世界株式+債券Hありで信託報酬0.21%は十分安いと思いますね。

今のところ、奥さんのNISAはこの投信1本、私のつみたて部分もこれでもいいかな~って考えてます。

まぁ保守的な考え方をすればこれでも十分ハイリスクですからね。

その他の投信ですが、Tracersシリーズは見送ることにしました。

最近見た目格安のオルカンを出したようですが、信託報酬にライセンス料等が含められてなくて実質+0.1%が発生するとかプチ炎上しているようで。

安く見せて釣ろうとするような行為にみえて、ちょっとこのような商品を出すブランドは信用できませんね。

それでいろいろ考えて、高配当枠は再び楽天の楽天VYMあたりが候補になるかと。

SBI・V・VYMが買えればいいんですが、楽天証券で購入出来ないんですよね~。仕方ないので楽天VYMとなりました。

商品のラインナップではSBI証券が魅力的なんですが、楽天ヘビーユーザーの私には楽天証券から移行するほどのメリットもないんですよね。。

そんなわけで、今月は楽天・インデックス・バランス・F(株式重視型)/ニッセイNASDAQ100インデックスファンド/楽天VYMの3本柱を考えてます。

子供達分はリスク取り放題なので、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)/ニッセイNASDAQ100インデックスファンド/楽天VYMの3本になるかと考えてます。

先月に引き続きアンテナを高くウォッチして行こうと思ってます。


さて。一人旅ですが。行ってきましたよ沖縄。

だいぶソロ旅もなれてきましたが、やっぱり観光地へのソロ旅は向かないですね。。

基本街ブラがメインなので、交通機関が充実していない沖縄では行動範囲も限られましたし。。バスがあるんでしょうが、土地勘がないとバスは使いにくいですよね。。。

今月は宮城・岩手ツアー。9泊10日で過去最長で且つ、移動区間も過去最高になる予定です。

バス移動4時間ってのも予定にいれているんですが、飛行機の1時間半でもきついので、レンタカー借りるか、ルートを変えるか未だ思案中です。


日本株
株式評価額:23,730,000円
うち含み損益:+9,680,000円
口座損益:+1,339,000円
年間配当:81,000円(税引き前)

2023/03の実績 +243,395

2023/03の実績

繰越資金:25,949,803円
実損益:+243,395円
利回り:+0.94%
勝率:71.43%
取引回数:55
税金:0円
次月繰越資金::26,193,198円

月別
month202303.jpg

日別
Day202303.jpg

すみません。結局続けてました。

っと言っても、比較的期待値の高い逆張りのみの運用としてます。

変なところで几帳面なので、管理データが抜けるのが気持ち悪いんですよね~

ここ最近逆張りの出番がほとんど無かったのでしばらくノーストレスでしたが、急落のチャンスは取り逃したくないと考えていたら来ましたよ、急落。

ちょっとヒヤっとする日もありましたが、なんとかプラスでした。


高配当株は月前半までは絶好調。

来年までにどうせ一部を現金化する予定で、レンジの高値圏だったので、2月末から3月頭にかけて、優待株を中心に約500万円分を売却。高値には数日早かったんですが、その後の急落もあり結果オーライ。

月初めは売っても売っても含み益が膨張しまくってまして、売却で約130万の利益を出した状態でも含み益が一時1,050万越え。結局その後は830万程度まで下げてました。

その後、まあまあ戻して配当権利落ちでも880万まで戻りました。

さらに今月前半は円安で米国株中心の投資信託も逃げ時が来たと感じたので、課税口座で買っていた米国株の投資信託をほとんど売却。これでさらに約400万円分を現金化。

つみたてNISAは維持ですが、iDeCoも25%をiDeCoでスイッチングできる定期預金に移して約80万を実質現金化。

トータルで1000万円弱を現金化しました。

米国投資は今回の急落前にギリギリ間に合った感じですが、月末に戻って来ちゃいましたね。まぁあまり早く落ちられると困るので本格的なやつは10月くらいからだと助かりますw

そんなわけで年末に向けて、円高株安を見込んでいて、もうなにも買えないと考えているのですが、iDeCoの定期預金は月末に先進国債券為替ヘッジ有りにスイッチしました。

ポジショントークですが、とりあえず来年の新NISA開始までは現金温存ですので、株安&円高カモーンって感じです。希望としては再来年まで下落してくれるとベストです。


来年のNISAですが、またも魅力的な商品が発売開始。その名は「ニッセイNASDAQ100インデックスファンド」

今まではeMaxis NASDAQ100に投資してきましたが、こちらの信託報酬が0.44%なのに対して、ニッセイNASDAQ100は0.2035%で半値以下。

ありがたいですね~

これで現時点で私が投資するメイン3本のラインナップが確定。

eMaxis Slim S&P500をつみたて枠で
※先月ほかもつみたて枠で投資みたいなニュアンスで書いてしまいましたが、現状私の投資対象でつみたて枠対象なのはこの銘柄だけです。失礼しました。

Tracers S&P500配当貴族インデックスとニッセイNASDAQ100インデックスファンドを成長枠で3ファンドを均等にと考えてます。

年末に向けてまだまだいい商品が出てくる可能性が高いので、引き続きアンテナを高くウォッチして行こうと思ってます。


さて。一人旅ですが。1月2月とお休みして、3月は名古屋に6泊7日で行ってきました。

相変わらず、クーポン縛りで苦労しましたが、名古屋メシを堪能してきました。

4月はついに沖縄。余っていたANAのマイルでやっと予約が取れてこのタイミングになってしまいました。

4泊5日でですが、一人旅でホテル代+αだけなので、おそらく5万円ちょっとで済むんじゃないかと。。。

今週は次回の予定を決めていこうと思います。マイルただ乗りがあと1回は出来るので、北海道か宮城~岩手あたりを考えてます。ちょうどあまちゃんの再放送が始まって「岩手熱いよねぇ~」(喫茶アイドルのマスター風)


日本株
株式評価額:22,860,000円
うち含み損益:+8,800,000円
口座損益:+1,247,000円
年間配当:70,000円(税引き前)

2023/02の実績 -101,719

2023/02の実績

繰越資金:26,051,522円
実損益:-101,719円
利回り:-0.39%
勝率:46.34%
取引回数:123
税金:0円
次月繰越資金::25,949,803円

月別
month202302.jpg

日別
Day202302.jpg

今月もまったくダメですね~。JCばかりです。

毎日のようにJCしてそこから-5%、-10%する銘柄があり、もうイライラも頂点。

中旬から改善してきたのですが、含み益が膨らむも陰線引きながら上げていく雰囲気で、手仕舞い時には利益が半減。

試しに16日に含み益が膨らんだタイミングで全部売ってみたら、ストップ高して翌日もGUする銘柄があったりで大失敗。

今月はそれ以前に2銘柄でストップ高があって、その銘柄はどちらもGDだったんですよね。。。

1月のシステムストップしていたタイミング等いい、運にも見放されてますよね。

出番が順張り戦略ばかりですので、一度ドカンと下げてくれれば逆張り戦略の出番で少しは流れが変わると思うんですけどね。。

少しだけ分析したりしてますが、どうも米国の利上げの最終局面は以前から苦手なようですね。

つまり逆金融相場から逆業績相場に移るあたりで、この傾向はしばらく続きそうなので、1銘柄あたりの資金量を再度減らしました。

今年初めに100万→50万に。さらに2月初旬で30万まで減らしました。

さらに戦略の手直しも少し行いました。

試しに昨年の最終バージョンで回してみましたが今年の勝率は30%台と最悪。改良で多少は改善しているようですが焼け石に水のようです。

あーもうシストレ止めたい。。。


高配当株は2銘柄売却

月中から含み益が1000万を超えてました。配当の権利取り間近なのもあるんでしょうね。


今月もシストレより来年のNISAに頭を取られてまして。本やらYouTubeやらで情報収集しています。

色々シミュレーションしているとやはり元本を取り崩さずに配当だけってのは少々無理があるとの結論になりつつあります。

実際、元本をすべて残して死ぬのもどうかと思いますし。

そんなわけで、再び一番効率的なS&P500の投資信託に全フリするかなって事になってます。

奥さんとあわせて2口座を最速で埋めて3,600万、資金が順調に育ってくれれば、今までつみたてNISA枠分やiDeCo分もあわせれば、月25万円の取り崩しでもなんとか行けそうかと。

これで年金とあわせれば月50万位にはなるので、年収800万級の手取りになるんですかね。

あとは暴落時等の安全を見て1~2年分の現金を別途用意できてれば完璧ですね。

よく取り崩しで4%ルール話を見聞きしますが、独自ルールで年齢の1/10の%。つまり50歳なら5%。65歳なら6.5%の取り崩しでも行けるんじゃないかとシミュレーションしてます。

取り崩しシミュレーションは野村アセットマネジメントの取り崩しシミュレーションが優秀です。「取り崩しシミュレーション」でググれば一番最初に出てきますので、お試しください。

実際の投資先は今のつみたてNISAで積み立てている、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)で、成長投資枠のすべてとつみたて枠の半分

つみたて枠の残り半分は、私の口座でeMAXIS NASDAQ100。奥さんの口座で昨年発売になったTracers S&P500配当貴族インデックスにしてみようかと今のところ考えてます。

もう頭はシストレを当てにしない方向に切り換えつつあります。これから入金力が落ちる分をシストレがフォローしてくれる事を少なからず期待しているんですけどね。

高配当株は増配が見込めない成長率の低い銘柄から徐々に売却する予定としてます。こちらも入金力勝負でNISAを埋めきっても残ればなるべく残したいですね。

毎月考え方が変わってますが、引き続き色々思案したいと思います。



と、ここまで月の途中に書きためてきたんですが、いよいよ我慢の限界に来ました。

毎日24時間株価を気にするのも以前はワクテカする気持ちが強かったんですが、今ではかなり苦痛になってきました。

そんなわけで、しばらくシステムは休止。

決意を固めるためにも月中ですが公開します。

思いつきですぐ行動する気まぐれな人間なので、またすぐに始めるかもしれませんが、下記のイベントを再開のタイミングに考えてます。

・アメリカの利下げが始まる
・アメリカが暴落する
・今の戦略が2ヶ月以上大幅なプラスになるのをバックテストで確認出来たとき。
・なにか強力な戦略の作成および改変が出来たとき

とりあえず皆さんお元気で。



日本株※2/17時点
株式評価額:27,900,000円
うち含み損益:+10,200,000円
口座損益:-260,000円
年間配当:0円(税引き前)

プロフィール

アイアン鉄

Author:アイアン鉄
初老の50代。
IT系の仕事をしております。

株式投資歴は約15年。プチ退場2度ほど経験し、復活をかけ資金600万から目標資産1億円、さらには専業目指して日々精進して参ります。

ツイッターやってます。更新情報の他、いろいろつぶやいてます。是非、フォローしてやってください。

相互リンクさせて頂いても、長らく更新のないリンクは削除させて頂いてます。再開された場合、ご連絡頂ければ再度リンク致します。

実績(手数料込み・課税前)
累計損益+25,804,183円

2023年計+44,098円

2023/05+544円
2023/04+91,726円
2023/03+243,395円
2023/02-101,719円
2023/01-189,848円

2022年計-1,663,959円

2022/12-162,450円
2022/11+504.606円
2022/10-604,222円
2022/09-17,448円
2022/08+344,864円
2022/07-648,257円
2022/06+189,871円
2022/05+906,051円
2022/04+944,029円
2022/03-2,423,331円
2022/02+209,563円
2022/01-907,235円

2021年計+6,616,622円

2021/12-92,421円
2021/11+796,726円
2021/10+764,308円
2021/09+1,806,132円
2021/08+655,394円
2021/07+456,339円
2021/06+1,454,589円
2021/05-44,644円
2021/04+346,908円
2021/03+306,512円
2021/02-88,740円
2021/01-37,455円

2020年計+5,199,028円

2020/12+463,755円
2020/11+822,606円
2020/10+1,015,636円
2020/09+162,824円
2020/08+460,928円
2020/07+514,199円
2020/06+866,950円
2020/05+608,486円
2020/04+547,565円
2020/03+333,197円
2020/02-340,066円
2020/01-257,052円

2019年計+1,620,385円

2019/12+583,278円
2019/11-349,466円
2019/10+37,618円
2019/09+17,676円
2019/08-3,210円
2019/07+5,940円
2019/06+90,143円
2019/05+245,535円
2019/04-355,115円
2019/03+377,680円
2019/02+562,904円
2019/01+407,422円

2018年計-1,267,864円

2018/12-445,005円
2018/11-61,092円
2018/10+125,200円
2018/09+108,675円
2018/08-525,299円
2018/07+34,541円
2018/06-1,327,324円
2018/05-58,440円
2018/04-681,968円
2018/03-2,210,771円
2018/02+2,103,125円
2018/01+1,670,494円

2017年計+5,671,637円

2017/12+814,803円
2017/11-100,116円
2017/10+1,053,669円
2017/09+1,441,146円
2017/08+63,282円
2017/07-1,623,832円
2017/06+1,125,542円
2017/05+1,682,465円
2017/04+1,013,672円
2017/03+555,770円
2017/02+296,378円
2017/01-651,142円

2016年計+1,435,044円

2016/12+509,024円
2016/11-176,225円
2016/10+238,768円
2016/09+53,150円
2016/08-532,423円
2016/07-261,314円
2016/06+5,233円
2016/05+324,193円
2016/04+958,140円
2016/03+658,169円
2016/02-1,309,579円
2016/01+967,908円

2015年計+2,421,639円

2015/12+296,525円
2015/11+130,416円
2015/10-251,595円
2015/09+1,090,470円
2015/08-869,952円
2015/07+23,583円
2015/06+659,477円
2015/05+742,816円
2015/04+307,863円
2015/03+111,339円
2015/02+323,086円
2015/01-142,389円

2014年計+3,239,397円

2014/12+477,757円
2014/11-463,499円
2014/10+725,673円
2014/09-922,573円
2014/08+1,507,662円
2014/07+411,269円
2014/06+946,019円
2014/05+399,456円
2014/04+294,307円
2014/03-110,435円
2014/02-39,250円
2014/01+13,011円

2013年計+3,288,817円

2013/12+345,852円
2013/11-416,995円
2013/10+9,818円
2013/09+508,720円
2013/08-229,344円
2013/07+1,157,145円
2013/06-590,750円
2013/05+937,089円
2013/04+469,163円
2013/03+481,144円
2013/02+70,399円
2013/01+546,576円

2012年計-484,661円

2012/12+378,038円
2012/11-41,507円
2012/10-156,220円
2012/09-102,434円
2012/08-57,894円
2012/07+12,521円
2012/06-216,507円
2012/05-282,425円
2012/04-45,443円
2012/03+214,389円
2012/02-177,975円
資産推移(税引後)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
アクセスカウント